ばりすたの株式備忘録

ばりすたの株式備忘録

株の世界で5年後も生き残っていたい…

【銘柄分析】

JMC(5704) - 2019年12月期2Qの進捗

8月9日(金)に、JMCの2Q決算発表がありました。いろんな人の、いろんな考え、思いがあると思いますが、とりあず、内容を整理しておきたいと思います。 kabutan.jp 2019年12月期第2四半期決算 もともと2Qは大きな伸びはないと想定していたのでほぼほぼ予想通り…

JMC(5704) - 中期経営計画を受けて

(追記:2019年6月13日) かれこれ1年以上推してる銘柄、JMCが、5月30日に中期経営計画を発表しました(※中期経営計画説明会の動画はこちらから)。 JMC 中期経営計画策定https://t.co/HgPQTg7N7cJMCの中経、発表されましたね(明日だと勘違いしてましたw)。…

ホロン(7748)と半導体とEUVリソグラフィ

11月6日の決算の大幅な上方修正を受けて、ホロン(7748)の株価がとても好調に推移しています。 kabutan.jp この業績予想の修正理由は以下のように記載されており、EUVリソグラフィ関連の市場拡大が要因の1つだと考えられます。 当社製品を長年ご愛用いただ…

JMC(5704) - "入口と"出口"のデータを押さえて勝つビジネスモデル

もうかれこれ3ヶ月ほど握りしめてるJMC(5704)。2018年8月10日に第2四半期決算があり、好決算と通期の上方修正を発表しました。 kabutan.jp もともと7月末に上期の上方修正を出していたことから、この通期上方修正も想定内といえば想定内でしたが、業績の見通…

メドピア(6095) - 「遠隔医療」テーマだけじゃない、時流を捉えた堅実なビジネスモデルに好感触

今日2018年5月7日(月)の引け後に、メドピア(6095)の2Q決算発表があり、好調さが伝わってきた内容でした。 kabutan.jp ※2018年9月期 第2四半期決算説明資料はこちら メドピアの今後の成長については、基本的には前期の決算発表後に分析した記事を読んでもらえ…

メドピア(6095) - 5枚の決算説明資料で押さえる"今"と"これから"

最近注目している銘柄、メドピア(6095)についての分析を、簡単ではありますが、僕なりに整理してみました。2017年11月に発表された「2017年9月期決算説明資料」及び、下記決算説明会の内容を分析のベースとしています。 logmi.jp 1.事業概要 2.業績動向 3.中…

メタップス(6172) - 5枚の決算説明資料から読み解く"今"と"未来"

2017年7月14日(金)に第3四半期の決算発表を終え、本日18日(火)に決算説明資料(PDF)がリリースされました。決算内容自体はある程度理解できていたのですが、気になることがあったので、さっそく資料を確認してみました。 メタップス(6172)のこれまでとこれか…

"出来高に着目した銘柄分析"を試行錯誤している件

最近気になっていた「出来高」に関する本を読了。 出来高・価格分析の完全ガイド ――100年以上不変の「市場の内側」をトレードに生かす (ウイザードブックシリーズVol.223) posted with ヨメレバ アナ・クーリング パンローリング株式会社 2014-12-13 Amazon …

僕の新高値ブレイク投資術 - じげん(3679)

投資において、知識習得と実践のサイクルを回しながらまだまだ勉強中ですが、銘柄分析に関しては『オニールの成長株発掘法』 を一番の参考にしています。 オニールの成長株発掘法 【第4版】 (ウィザードブックシリーズ) posted with ヨメレバ ウィリアム・J…

ライフメディアプラットフォームを展開するじげん(3679)

以前の記事『春の銘柄探し』で取り上げたじげん(3679)。 barista-stock.hatenablog.com 派手さはないけど、手堅いビジネスモデルとシナジーのあるM&Aで順調に成長していて、オニール的指標、及びDUKE。さん的指標でも"買い"だと判断し、今は中期目線で握って…

リスク検知に特化したビッグデータ解析を得意とするエルテス(3967)

最近、株式会社エルテス(3967)に注目しています。2016年11月29日にマザーズ市場に上場したばかりの直近IPO銘柄。 eltes.co.jp 特徴 SNSのネット炎上などのリスク検知に特化したビッグデータ解析によるソリューションを提供している企業です。対策コンサルも…

春の銘柄探し

不穏な空気が漂う海外情勢、全体的に下げ基調な相場環境ですが、勉強がてら銘柄探しはしていこうと思います。アエリアとかサイバーステップとかも気になるけど、今回は 直近IPO(2013年以降) 時価総額低め(300億 ※例外あり) 業績好調(特に一株利益の伸び…