ばりすたの株式備忘録

ばりすたの株式備忘録

株の世界で5年後も生き残っていたい…

そーせいの現状再確認

そーせい(4656)は2017年2月10日に下方修正を発表。その後、ヘプタレス社がcorporate overviewを更新して情報をアップデート。

Corporate Overview – 2017(heputares社)

それらの情報から日が経ってしまっていますが、ここで改めておさらいしておきたいと思います。

 

みずほ証券によるヘプタレス社のパイプライン進捗表

(2017年2月22日作成)

f:id:barista_stock:20170409145910p:plain

 Pipeline Progression 2017-2019

M1 agonist

・Start of Phase 2 POC trial in AD patients
・AD PoC results emerging

HTL9936のP2が、17/3期に開始されなかったことが下方修正の主因と考えられています。アラガン社はHTL9936、HTL18318、またはその他の開発品のうちどれをP2に進めるか検証中と推察されるとのこと。

また、アラガン社はHTL18318のP1を2017年に見込んでいるようで、P2の開始は保守的に見積もってこの結果が判明後と考えられるため、みずほ証券ではHTL9936のP2開始予想を19/3期まで2年間後ろ倒しにした模様です。


M4 agonist
・Start of Phase 1 trial
・Phase 1 results
Progression to PoC studies

これだと、P1の結果が出てP2の計画まで、という感じですかね?18/3期の後半(2017年10月)以降にP1開始ぐらい?


M1M4 dual agonist
・Start of Phase 1 trial

臨床入りが予定されています。おそらくM4の早期データが出てからだろうから、早くても2019年に入ってからでしょうね。


A2A antagonist (HTL-1071/AZD4635)
・Phase 1 trial results

P1は2017年末ごろに結果が出るようですね。


また、4月5日にリリースされた、A2A関連でのマイルストン受領の件。

子会社Heptares社、AstraZeneca社から12百万米ドルのマイルストンを受領

 P1はすでに進捗してるけど、前臨床の結果に対してマイルストン達成とのことなので、引き続き期待が持てそうですね。なんせ、前臨床の成果に対して12MDのマイルなんだから。

 

その他にも、ウルティブロの米国販売、第一三共との提携(疼痛治療)、カンジダ症治療薬SO-1105の製造販売承認、あるいはJITSUBO社の動きなど、着実に前進していると思われます。 

そのときを待つ!

f:id:barista_stock:20170409151052p:plain