ばりすたの株式備忘録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばりすたの株式備忘録

株の世界で5年後も生き残っていたい…

リスク検知に特化したビッグデータ解析を得意とするエルテス(3967)

最近、株式会社エルテス(3967)に注目しています。2016年11月29日にマザーズ市場に上場したばかりの直近IPO銘柄。

eltes.co.jp

 

特徴

SNSのネット炎上などのリスク検知に特化したビッグデータ解析によるソリューションを提供している企業です。対策コンサルも行っているのが強みで、業界トップクラスの企業を中心に実績を積み、「初期費用 + 月額課金」のストック型ビジネスを軸に展開しています。このストック型ビジネスを軸にしているのはデカイ。事業のテーマ性も十分だし、成長イメージが描きやすいですね。 

さらに2017年2月期決算説明会資料を見ると、さらにワクワクが止まりません。

f:id:barista_stock:20170503165143p:plain

 

公共性の高い分野に展開しつつあり、セブン銀行を始めとする金融機関の実績も上げています。また、2018年2月期への利益貢献はまだ期待できそうにないものの、官公庁向けテロ対策なんかも取り組みを進めているようです。

ちなみに、2015年に入社した羽藤秀雄氏は経産省出身で、特許庁長官まで務めた方で、官公庁との太いパイプも期待せざるをえませんよね。

f:id:barista_stock:20170503165154p:plain

 

エルテスを取り巻く動き

4月末から5月にかけて、テロ、サイバーセキュリティ関連、及びAI関連の動きが立て続けに出てきました。早ければ連休明けにも、次の展開が出てくるかも(期待)。

 

株価の動き

 さて、肝心の株価はというと、3月3日に11,000の高値をつけてから大きく下げていましたが、4月半ばの決算発表を経てから潮目が変わったのか、6,000を底に切り上げてきています。

出来高的には少なめで推移していましたが、6,000あたりで大口が買い集めていそうな雰囲気も。またカタリスト次第では、一気に吹き上げていきそうですね。会社からのIRも含め、今後の動きからは目が離せません!

f:id:barista_stock:20170503164618p:plain

https://chart.yahoo.co.jp/?code=3967.T&tm=5d&vip=off