ばりすたの株式備忘録

ばりすたの株式備忘録

株の世界で5年後も生き残っていたい…

株価指数月足の確認_201706

毎月恒例にしている、主要株価指数の月足チャート(10年)の確認です。

参照:指数の定義

 

今年の5月は「セルインメイ」を象徴する暴落もなく、騰落レシオは高水準で推移した5月でした。ただ、後半は「ディストリビューション(売り抜け)日」が4週間で4度目の出現をしたので、6月は要注意かもしれません。

また、6月1日には「ヒンデンブルグ・オーメン」が点灯したと話題にもなりました。詳細は以下の通りですが、直近30日営業日のうちに、アメリカ市場で大きめの株価下落が起こる可能性が高いというもの。

ヒンデンブルグ・オーメンとは?

ヒンデンブルグの予兆」とも呼ばれ、米国株式市場のテクニカル的な株価暴落の前兆とされるシグナル(サイン)のことで、高値・安値銘柄数や移動平均線などを基に算出するテクニカル分析の概念(株価の先行きに警鐘を鳴らすもの)の一つ。

ヒンデンブルグ・オーメンとは|金融知識ガイド-iFinance

f:id:barista_stock:20170602190149p:plain

www.ewarrant-sec.jp

 

日本市場も、既述の通り「ディストリビューション日」の出現回数が増えてきてるし、各指数を見てみても上げ基調が続いていたので、そろそろ大きめの調整のが発生するのは妥当かもしれませんね。

ちなみに、直近のヒンデンブルグ・オーメン点灯日は2017年3月13日だったようで、3月、4月は大きく下げていました。少なくとも、無視してもいい指標ではなさそうですね。 

 

各指数の月足チャートはこちら。

東証大型株 株価指数

f:id:barista_stock:20170602184631p:plain

東証中型株 株価指数

f:id:barista_stock:20170602184658p:plain

東証小型株 株価指数

f:id:barista_stock:20170602184717p:plain

東証二部 株価指数

f:id:barista_stock:20170602184734p:plain

東証マザーズ指数

f:id:barista_stock:20170602184748p:plain

6月も無理せず、相場の荒波を乗りこなしていきましょう!