ばりすたの株式備忘録

ばりすたの株式備忘録

株の世界で5年後も生き残っていたい…

メタップス(6172) - 5枚の決算説明資料から読み解く"今"と"未来"

2017年7月14日(金)に第3四半期の決算発表を終え、本日18日(火)に決算説明資料(PDF)がリリースされました。決算内容自体はある程度理解できていたのですが、気になることがあったので、さっそく資料を確認してみました。

タップス(6172)のこれまでとこれからについて理解する上で重要となるスライドを、ここに5枚ピックアップしてみました。簡単にではありますが、僕なりに整理します。

 

これまでのおさらい

まずは、2017年8月期における事業・サービス拡充の実績から。
ファイナンス関連サービス、つまりFinTech分野にフォーカスして開発や事業提携を進めてきました。

f:id:barista_stock:20170718173705p:plain

 

業績の推移

売上、及び売上総利益は順調に伸びてきています。第3四半期までの進捗を見ると、通期売上予想に対する達成率は56%であるものの、韓国子会社Smartcon社の売上計上について、会計処理方針の変更の影響を受け増額が予定されているとのこと。これで通期売上も達成できそうですね。
これに関してはIRの方に確認しましたが、これまではリスクを見込んで売上が少ない方で計上していたそうです。

※参照:当社連結子会社による株式取得に関するお知らせ(2016年10月25日)

f:id:barista_stock:20170718173719p:plain

f:id:barista_stock:20170718173736p:plain

 

タップスのこれから

タップスは中期経営方針として「データを軸とした経済圏の構築(データのミクス構想)」を掲げています。つまり、【データ+AI】を軸にして、「マーケティング(データ解析・広告)」、「ファイナンス(決済・金融)」、「コンシューマ(コマース・メディア)」の3分野で経済圏を構築していくことを、成長戦略として描いています。

下図は、2020年までの重点投資ロードマップ。2011年から順にマーケティングファイナンスとフォーカスポイントを移しながらメタップスの考える経済圏を構築してきて、2018年からは「コンシューマ」領域への投資が始まります。"仕込みが完了"とは心強い言葉ですね。これまでのノウハウを活用してシナジーを生み出しながら、コンシューマ領域の事業を立ち上げ、育てていくことになるとのこと。

f:id:barista_stock:20170718174212p:plain

f:id:barista_stock:20170718174228p:plain

 

今後の重点投資の第一歩:Timebank

今回の決算説明資料の発表と同時に、コンシューマ領域での新規事業のリリースもありました。それが「時間の再発明」に取り組むTimebankツイッター界隈ではすでに情報が飛び回って盛り上がりを見せていますね。

www.metaps.com

 

このサービス、簡単に言ってしまえば「専門家の空いている"時間"をリアルタイムに売買できる時間取引所」

① BtoCにおいてより個人が活躍しやすいマーケットを作ったクラウドワークスの要素と、② メルカリminne(ミンネ)BASE(ベイス)のような個々人で売買が簡単にできるCtoCプラットフォームの要素、さらには、③ 最近話題になった、ビットコインで個人の価値を売買する、株式市場のようなプラットフォームを作ったVALUの要素が複合的に混じり合い、「時間」を基軸通貨とした経済空間を作り上げようとしています。

f:id:barista_stock:20170718205022p:plain

 

ここに、これまで培ってきたマーケティング事業とファイナンス事業の知見をつぎ込んでくるということですよね。どのような「金のなる木」になっていくのか、とても楽しみです。その他関連情報は下記ツイートにもありますので、興味のある方はご覧ください。

 

下記書籍は、代表の佐藤さんの凄さ、魅力に触れるのにオススメです。

 

ちなみに、チャートは大きく下げてからヨコヨコが長く続いてきていたのできれいな状態。ただし、いったん動き出すと癖が強くて動きも荒いので、これからINされる方はお気をつけください。

https://chart.yahoo.co.jp/?code=6172.T&tm=1y&type=c&log=off&size=m&over=m65,m130,s&add=v&comp=