ばりすたの株式備忘録

ばりすたの株式備忘録

株の世界で5年後も生き残っていたい…

投資家にオススメのEvernote活用術

2017年9月15日に「会社四季報|2017年4集・秋号」が発売されて、四季報をもっと有効活用できないものか…と思っていた矢先に、少し前からフォローさせていただいていた、picul (ピックル) (@toushika_picul)さんの以下のツイートが目に飛び込んできました。 

また、ちょうどEvernoteを含むWEBツールの活用も試行錯誤していたこともあり、思い切ってピックル‏さんにお声がけして、いろいろお話を伺ってきました。ピックル‏さんを紹介してくださったさっかく (@sakkaku2013)さんも誘って、豪華小規模オフ会の開催ですw

お二人のおかげでいろいろ学びがあったのですが、一番の収穫は、日記をつけなきゃな、と改めて思えたこ(今さらですみません…w)。これは多くの方が重要性を唱えていましたが、僕は何度チャレンジしても挫折ばかり。DUKE。さんの書籍を読んだときも、チャレンジしたものの継続できませんでした…

オフ会でピックルさんにEvernoteの活用法を伺い、Evernoteについて自分でいろいろ調べてみると、この5〜6年でEvernoteはかなり進化していることにびっくり!笑 しかしそのおかげで、書いた日記をどう活用するかが自分なりにイメージでき、さっそく日記を実践していこうと思うに至りました。

この投稿では、そのように思わせてくれたEvernoteのカレンダー機能の紹介と、今後どのように活用していくかについてまとめてみます(実践してみてどうだったかは、そのうち気が向けばまとめるかもしれませんのでお楽しみにw)。

※テンプレートで、以下のようなカレンダーがダウンロードできます

f:id:barista_stock:20170930194126p:plain

今回まとめるのは、「日記を書いた後、それをいかに活用するか」といった視点で考えた活用法についてです。そういった観点の内容が、少しでも多くの方に参考になったら嬉しいです。

[目次]

 

1. 「ノートブック」を作成(必要に応じて「スタック」も)

まず、"カレンダー"と"日記"用のノートブックをそれぞれ作成します(ノートブックの名前は自分で分かればOK)。

f:id:barista_stock:20170930200749p:plain

なお、スタックの作成方法は下記のチュートリアルを参考にしてみてください。

help.evernote.com

 

2. Evernoteカレンダーテンプレートをダウンロード

次に、下記リンク先から「月間カレンダー」を選択してダウンロードします。

help.evernote.com

f:id:barista_stock:20170930202228p:plain

Evernoteに保存】をクリックすると下の画面に遷移するので、①カレンダーをダウンロードしたいノートブックを選択し、②保存をクリックしてください。

f:id:barista_stock:20170930202315p:plain

3. カレンダーを月別に分離

ダウンロードされたカレンダーを見てみると、1月から12月まで、1年分のカレンダーが1つのノートとしてダウンロードされています。

しかし、個人的には、このままでは使いにくいと感じたので、ひとまず1年分のカレンダーを12個ダウンロードして、それぞれを「1月」「2月」「3月」など、該当する月以外を削除し、1ヶ月単位のノートを作成しました(もう10月を迎えるので、今回はテスト用の9月と、10〜12月の4つのノートを作成)。

f:id:barista_stock:20170930202720p:plain

 

4. 書いた日記をカレンダーにリンク

3.までが下準備で、ここから、いよいよ日々の日記作成になります。

まずは適当に日記を書いてみます。そしたら、メニューバーにある"・・・"をクリックすると「ノートリンクをコピー」と表示されるので、それをクリックします。

f:id:barista_stock:20170930205750p:plain

 

次にカレンダーに戻り、リンクさせたいカレンダーの日付欄にカーソルを合わせて貼り付けます。すると、タイトルをクリックすることで、その日記にすぐに飛ぶことができるようになるのです!

f:id:barista_stock:20170930210512p:plain

※貼り付けると、日記のタイトルが表記されますが、色を変えたり、文字サイズを変えたり、文字を削ったり、付け足したりすることができます。装飾してもリンクは消えません。

※さらに同様の手順で、このカレンダーのリンクをコピーして元の日記のノートにも貼り付けておくこともオススメします。

 

ここまでできれば、僕がやりたかったことの下地は完成です。

この何がいいかと言うと、カレンダーで全体を俯瞰しつつも、クリック一つで、各日記のノートに移動することができるので、大きな流れの中で自分の個別具体的なトレードを振り返ることができ、より効果的にPDCAサイクルを回していけると感じた点です。

アウトプットイメージが湧いて、どう活用していくかもイメージできたので、あとは実践あるのみ!

 

肝心の日記内容は、『1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術』で書かれていたポイントを念頭に置き、できるだけシンプルに、毎回5分ぐらいを目安にまとめられるように意識していきます。

  • 売買したら日記をつける
  • 買う前に買う理由を書く
    ・何が会社の高成長の牽引役(ビッグチェンジ)になっているのか
    ・年率何%の成長ができそうか
    ・なぜ収益性が高いのか。なぜそれが持続できるのか
    ・収益性はどれくらい確実なもので、何によって自分の描いたストーリーがひっくり返る恐れがあるのか
    ・株価はどれくらいまで上昇しそうか

barista-stock.hatenablog.com

 

最後に…お二人の紹介

最後になりましたが、今回いろいろと情報交換させていただいたお二人を、改めてご紹介させていただきます。お二人とも投資歴は10年以上で、中長期投資をベースに運用されています。出版された電子書籍もとても分かりやすい内容で、日々のツイートやブログ記事などと合わせて参考にさせていただいています。引き続き、よろしくお願いします!

twitter.com

twitter.com

 

※なお、Evernoteは、今回紹介した日記だけではなく、情報収集の蓄積や個別銘柄の分析内容の記録などでも積極的に活用していく予定です