ばりすたの株式備忘録

ばりすたの株式備忘録

株の世界で5年後も生き残っていたい…

そーせいの増資について考えてみました。

先日、そーせいから増資(新株式発行)のお知らせが来ましたね。その前日、前々日のIRや決算説明資料を見ている限り、開発費用が足りないのは明らかだったので、増資の可能性も念頭に置いていましたが、想定より早く来た印象。

僕自身、初めての増資直撃体験だったので、過去の増資も振り返りつつ、バイオベンチャーなどが多用するMSワラントとは違うということを、自分なりに整理しておきたいと思います。

barista-stock.hatenablog.com

 

新株式発行及び株式の売出しに関するお知らせ(2014年2月24日)

【発行株数】
 ・公募:1,588,000株
 ・オーバーアロットメントによる売り出し:238,000株

【引受人】
 SMBC日興証券

【調達資金の使途】
 上限:5,567,132,000円
 (→実際の手取概算額合計 4,667,938,845円)
 ・APNTを活用した医薬品の研究開発費:40億円(→3,667,938,845円)
 ・再生医療分野への投資:5億円(→5億円)
 ・APNTを活用した製剤の製造設備への設備投資:5億円(→5億円)
 ・研究開発に要する人件費等:5億円(→ゼロ)

【株価】
 ・2/24の終値:3,960円
 ・想定発行価格:3,048.8円(5,567,132,000円/1,826,000株)
 ・実施発行価格:2,638.95円(3/4の終値2,901円の0.91倍)

まずは、2014年の増資。調達資金の主な使途は、今はなきアクティバスファーマの独自技術に対するものでした。

当時の株価推移は以下の通り。1月末に下方修正を出して大きく下げていたものの、2月17日にアクティバスの2つの新規パイプラインで前臨床入りというリリースを出し、そこから6連騰。しかし、その6連騰目の大陽線があった日の引けで上記の増資リリースということで、その後は大きく下げることに。しかし5ヶ月後にはその水準を超えていました。

f:id:barista_stock:20171111155149p:plain

新株式発行及び株式売出しに関するお知らせ (2015年9月1日)

【発行株数】
 ・公募:2,282,500株
 ・オーバーアロットメントによる売り出し:247,500株

【引受人】
 みずほ証券

【調達資金の使途】
 上限:12,755,000,000円
 (→実際の手取概算額合計 8,685,722,800円)
 ・Heptares買収に伴う短期借入金200億円の返済資金一部に充当:100億円

【株価】
 ・9/1の終値:4,810円
 ・想定発行価格:5,041.5円(12,755,000,0000円/2,530,000株)
 ・実施発行価格:3,460.76円(9/9の終値3,880円の0.89倍)

続いては2015年の増資。調達資金の使途は、2月21日に株式取得(子会社化)の決定がなされたヘプタレス社の買収資金に関するものでした。

当時のことは分かりませんが、株価の推移を見ると「よく分からんイギリスの会社を多額の金額で買収して大丈夫か?」という心境を表しているかのようで、リリース翌営業日は高寄りしたものの大陰線、そこから3ヶ月ほどは低迷していました。

その後、いくつかの好材料で盛り返していたものの、8月12日に発表された平成28年3月期第1四半期決算の内容が良くなく、翌営業日から大きく下げることに。そんな下げ基調の中での増資リリースでした。これも翌営業日からは下げたものの、2ヶ月後にはその水準を大きく超えるものとなりました。ヘプタレスのパイプラインのおかげです。

f:id:barista_stock:20171111155015p:plain

新株式発行に関するお知らせ(2017年11月10日)

【発行株数】
 ・海外募集:2,070,000株

【引受人】
 ・J.P. Morgan Securities plc
 ・Merrill Lynch International

【調達資金の使途】
 上限:200億円
 ・既存、及び新規PL(DLB)に係る創薬及び研究開発に係る費用:160億円
 ・一般事業目的(本社機能強化に関する費用等):40億円

【株価】
 ・11/10の終値:11,230円
 ・想定発行価格:9,661.8円(200億円/2,070,000株)
 ・実施発行価格:???円(おそらく11/20の終値の0.9〜1.0倍)

そして、今回の増資。調達資金の主な使途は、創薬及び研究開発資金です。

下記の自社パイプラインの開発費は自社持ちなので、ここに多額の資金が必要になってくるのは明らかでした。過去2回も、決算発表後1〜2週間で増資のリリースが出ていたので、出るとすれば11月下旬あたりに…なんて思っていましたが、まさかの翌日wなぜ翌日だったのかというタイミングだけは、未だによく分かりません…(※11月中にどうしても資金調達しておきたかった、海外機関投資家が手に入れておきたかった理由があるんじゃないかと思うほどです。12月にビッグIRが控えてるとか…)

f:id:barista_stock:20171111162022p:plain

また、下記スライドの最下段に「今後はGPCR関連自社パイプラインの研究開発から上市までを加速。2018年以降、毎年最大3つの医薬候補品のPh1入りを目指す」とあるように、これにも開発資金が必要になってきます。

f:id:barista_stock:20171111162335p:plain

市場で勝つために当然の選択

これには、ギアを一段も二段も上げたような印象を受けました。

これまでのような導出や共同開発などの提携パイプラインだけでは、費用面などでは助かるものの、スケジュールや開発方針などは相手都合もあるので想像以上に時間がかかってしまう、というデメリットもあります。一方、自社パイプラインを充実させていければ、開発費はかかるものの、自分たちのがんばり次第でスピーディーに進めていくことができます。

どんなに良い効能のある薬も、法律や競合の開発状況との兼ね合いで好機を逃してしまう可能性もあり、上市後の売上は大きく変わってきます。つまり、良い薬を、競合に先駆けて、タイムリーに出せるかどうか、がとても重要。クオリティーだけでなく、スケジュールのコントロールも大切になってくるので、こういった判断、決断は当然といえば当然でしょう。

 

"海外市場での募集"という選択

今回の増資で、これまでと大きく異なるのは募集方法。今回はJ.P. Morgan Securities plcとMerrill Lynch Internationalをそれぞれ共同ブックランナー兼 共同主幹事引受会社としての海外市場での新株式発行になります。

前者は、直近、グループで保有割合を増やしていました。

後者は、空売りポジションを解消していました。

f:id:barista_stock:20171111164749p:plain

この2社が引き受けの主幹幹事になるので、基本的には長期保有での売り出しがメインになるだろうと考えています。
※MSワラントは、キャピタルゲイン目的での引き受けが多く、短期売り抜けメインで、下方圧力がかかりやすい点が特徴

また、現状、マザーズ市場にいる以上、海外の機関投資家が買ってくれることはなかなか難しいと思うので、こういったスキームを取ったのだと思います。もちろん、200億という多額の金額にもかかわらず、11月20日ごろに発行価格決定して翌週の27日に振り込みというスケジュールで、他の増資と比べても期間が短いので、ある程度のアテがあった上での募集なんだと妄想しております。
→「期他の増資と比べても間が短い」と思ったのは、過去2回のオーバーアロットメント(第三者割当増資)における価格決定→払込のスケジュールのことで、公募の払い込みに関しては、過去2回も同様に価格決定の1週間後でした(2017年11月13日 訂正・追記

 

以上を踏まえて今回の増資を見てみると、ホルダーとして売る材料が見当たりません。短期目線の人、あるいは11月10日に飛びついたイナゴが売ってきて、短期的な下げはあるかもしれませんが、下げても10,000円は割らないだろうと想定しています(発行価格決定時点)。それまでに、もし10,000万円を割るようなことがあれば、追撃買いOKの水準かと。とんでもない上げ材料が豊富、しかも増えてきてるので、2017年12月〜2018年1月にはもっと上の水準に行って、1万円の水準をいい意味で笑い飛ばせる日がきっと来ると考えています。

さて、どうなりますかね…

f:id:barista_stock:20171111184838p:plain