ばりすたの株式備忘録

ばりすたの株式備忘録

株の世界で5年後も生き残っていたい…

JMC(5704) - 2019年12月期2Qの進捗

8月9日(金)に、JMCの2Q決算発表がありました。いろんな人の、いろんな考え、思いがあると思いますが、とりあず、内容を整理しておきたいと思います。

kabutan.jp

 

2019年12月期第2四半期決算

もともと2Qは大きな伸びはないと想定していたのでほぼほぼ予想通りでしたが、通期計画に対する進捗率は、売上で49.5%、経常利益で74.6%と、生産力・販売力増強中の投資フェーズにしてはいい着地ではないでしょうか。

 

事業ごとに細かく見ていきます。事業別の推移は以下のような感じ。

f:id:barista_stock:20190810192429j:plain

3Dプリンター出力事業

医療分野に本格参入したものの、事業全体としてはまだ立ち上げ期で、基盤を整えている状態。営業人員の増員含め、販売強化に向けた動きが強いが、そろそろ投資フェーズの後期の印象。

  • HEARTROID(ハートロイド):心臓カテーテルシミュレーター

国内外の展示会等に出展するなど販売強化を継続。また、INABATA EUROPE GmbHと、HEARTROIDの欧州全域における販売業務に関する取引基本契約を締結し、欧州における同製品の販売強化に向けた動きも(2019年6月12日にIR)。

 

  • OPENCAST(オープンキャスト):ギプス包帯

日本における独占販売権及び薬事を取得し(2019年6月27日にIR)、販売開始に向けて営業人員増員等の準備を推進。カテーテル被覆保護材「セキュアポートIV」に続き、JMCが独占販売権を得た2つめの医療機器商材で、この2つめからは、今後の3Dプリンター出力事業の売上目標には含まれていない(なので、上振れ要因)。

鋳造事業

自動車EV化関連の大型化や複雑化により、「短納期」「高品質」を筆頭に顧客のニーズが多様化。そうした対応を経ることで、受注を増やしながら、"大手自動車メーカーをはじめ国内主要メーカーの信頼を獲得し、複数社の開発パートナーとしての立ち位置を確立"にもつながり、高単価案件が増加中。

f:id:barista_stock:20190810192822j:plain

※ホリスティック企業レポート(証券リサーチセンター / 2019年7月5日)

それにより生産キャパ不足がボトルネックになっているため、生産能力向上が急務(生産能力を上げれば、それに伴って売上も上がっていく状況)であり、それに向けた打ち手も複数進めているが、コンセプトセンター第6期棟の稼働は7月からなので、2Qは投資色強めだったかと。

  • ミーリングセンター(仮称)@静岡県浜松市の建設着手(2019年4月19日にIR

  • 長野県飯田市のコンセプトセンターでの新工場棟の建設や新機能の設備機器導入(2019年8月6日に、新工場棟の稼働および砂型造形サービス開始のIR
CT事業

中期経営計画にも記載されていたが、産業用CTによる「検査・測定サービス」市場自体が未形成で、これまではCT本体が販売できれば売上が大幅増になる、といった不安定な状況。基本的には、まだ市場開拓、認知形成のフェーズなので、まだまだこれから。

ただ、JMCの事業においては、「3Dプリンター出力事業」に対してのリバースエンジニアリング、「鋳造事業」に対しての品質担保の意味合いが強くあるので、引き続き、サービスの質を上げるために欠かせないパーツ。

今後に向けて

重要なポイントはいろいろあるけど、今後に向けて重要な点をあえてセレクトして挙げるとすれば、個人的には「鋳造事業における生産能力向上」「データの活用」の2つでしょうか。

鋳造事業における生産能力向上

既述の通り、鋳造事業の現状は生産能力を上げれば、それに伴って売上も上がっていく状況であり、クライアントの熱が冷めないうちに、いかにスムーズに実行していけるかが、直近の最重要事項。特に、2020年1月操業開始予定のミーリングセンターは鋳造事業の飛躍のカギを握っているはず。 

f:id:barista_stock:20190810193540j:plain

データの活用

これは少し時間軸の長い視点での話だが、中期経営計画の「データチームの新設」には、以下のような記載がありました。

当社の3Dデ ータを扱う技術・ノウハウは、各事業共通の強みの源泉となっています。今後さらに拡大するサプライチェーンにおいて、当社独自の付加価値を強化するため、3Dデータの取得・作成・編集に特化したチームを新設し、2021年に向けて段階的に増員する計画です。また新設するデータチームは、3Dプリンター出力事業だけではなく、鋳造事業やCT事業を横断してサポートするハブとして機能し、今後の自社製品設計も視野に入れた、当社の新たな成長軸とする方針です。

f:id:barista_stock:20190810195757p:plain

昨今「ビッグデータの活用」が叫ばれているが、まさにそれ。

現在の顧客提供価値を向上させるのはもちろん、記載されているように「自社製品設計」にもつながるものだし、また、「蓄積してきたノウハウ・デザイン・設計ツールの製造業に向けたオープンソース化」(こちらを参照)なども考えているようなので、そういったことにも影響してくる重要な要素ではないかと。

こうした「データ活用」がしっかりとできてくると、事業にもより広がりが出てきて、さらに一皮も二皮も剥けて、事業のビッグチェンジとなるのでは、と期待大。

 

短期的な株価の動きはどうなるか分かりませんが、中期経営計画を念頭に、長めの時間軸で投資していければなと考えています。

barista-stock.hatenablog.com